Pairs(ペアーズ)の体験談

相性バッチリな大学生の彼女がマッチングアプリで出来た(22歳男性):Pairs(ペアーズ)の体験談

投稿日:

どうも。ダイスケです。

今回は、Pairs(ペアーズ)をつかって相性抜群の彼女ができた・・・

という体験談を22歳の男性から投稿していただきました。

今回の相性というのは体ではなく、内面での相性の話ですが、付き合っていくうえで性格の一致は超重要ですよ。

なにもかも相性バッチリな大学生彼女をマッチングアプリでゲット

あなたの性別、年齢、職業、使ったマッチングアプリを教えてください

男性・22歳・大学生・Pairs

マッチングできたと思う理由は?どんなことをしましたか?

まずはしぼり込み機能を使って、自分と同じエリアに住んでいる、同年代の相手を探しました。

リストアップされた女性の中から、写真を見て直感的に好みだと感じた女の子たちのプロフィールを確認していると、音楽とスポーツの趣味がぴったりで、なにより自分と同じくグルメとお酒好きという大学生を見つけました。

迷わず「いいね」を送ると、翌日相手からも「いいね」を返してもらえたようで、思いのほか簡単にマッチングできました。

自分自身もプロフィール欄には、相手が共通の趣味を見つけやすいように、好みを正直に、情報量多く書いています。

加えて、その趣味に没頭している姿をプロフィール画像にして、実際のイメージが湧きやすいように工夫したことなどがマッチングにつながったと思います。

相手と連絡先を交換するまでの手順は?簡単に交換するコツもあれば教えて

お互いに学生ということもあり、明るく礼儀正しく、それでいてフランクな学生のノリを意識してメールを送りました。

仲の良い先輩と話すような、崩した敬語といった感覚です。

相手もそれが気楽だったようで、共通の趣味の話題ですぐに打ち解けることができました。

好きなアーティストやこれまでに行ったライブの話、サークルでやっているスポーツの話、そして互いの学生生活の話などでした。

三日ほどメールが続いたあたりで、もっと話したいからと理由をつけて、より手軽な連絡手段であるLINEの交換を提案しました。

メールで会話が盛り上がっていたため、相手からも簡単に承諾してもらえました。

連絡先交換からデートに誘うまでの手順は?テクニックはありますか?

LINEを交換したあとは、こちらも共通の好みである、グルメやお酒の話で盛り上がりました。

どういうものが好物なのか、いつもどのエリアのどんなお店に行くのかなどを、お互いに情報交換しました。

またときには学生の友人どうしらしく軽いノリで冗談を言い合ったりして、どんどん打ち解けていきました。

そしてまた三日ほどやりとりが続いた上での流れで、「一緒にご飯を食べにいこう」と誘いました。

このときには、もうお互いに敬語ではなくタメ語で話すようになっていましたし、相手も一度会って話してみたいと思ってくれていたようでした。

そのため簡単に承諾を得ることができ、そのあともどこのお店に行こうかなど、一日に十件ずつほどのペースでやりとりを続けました。

ここまでの会話では、冗談だとしても失礼なことを言って心証を悪くしないようには当然気をつけていましたが、趣味が合っていたことで特に支障なく、旧知の間柄のように盛り上がることができました。

相手もこちらの話に興味を持って、明るいテンションでやりとりを続けてくれたので、自然な流れでデートに誘うことができました。

出会えた異性の特徴や率直な感想を聞かせてください。

  • 写真通りの見た目と雰囲気
  • イメージより背が高い
  • スポーティーでおしゃれなファッション
  • 明るくハキハキした態度
  • 社交的
  • 思ったほど遊び慣れしていない
  • 出会ってからの流れやデートの内容は?

出会ってからの流れやデートの内容は?

なにもかも相性バッチリな大学生彼女をマッチングアプリでゲット

まず渋谷のハチ公前で待ち合わせして、自分がよく利用している焼肉店へ行きました。

LINEでのやりとりは続けてきていたとはいえ、実際に対面するのは初めてということもあり、お互いに少し緊張していたと思います。(特に自分が)

そんな中では、やはりLINEの文章のように流暢に会話することには手こずりました。

それもあってか、一軒目での会話はLINEのやりとりの延長線上のような、改めてお互いのプロフィールを探るものでした。

大学のこと、バイトのことなど、友人どうしといった会話です。

情けない・・・

とはいえ、美味しい食事とお酒の助けもあり、それも徐々にほぐれていきました。

相手の女の子はよく食べ、よく飲むタイプで、お互い食事もお酒もどんどん注文していったため、2時間ほど経つころにはお腹もふくれ、酔いもちょうどよくまわっていました。

だいぶ話も盛り上がってきており、「まだ飲めるから二軒目にいって話そう」という流れになりました。

自分としても、ここまでとても楽しく過ごせていたので、お開きにならず一安心でした。

お会計を済ませ、近くのおしゃれな雰囲気の居酒屋に入りました。

この二軒目でもお互いお酒が進み、それにつれて、好きな異性のタイプや、これまでの恋愛経験についてなど、それまでよりも突っ込んだトークが繰り広げられるようになっていきました。

そんな状況下で、自分もだいぶ酔ってきていましたが、相手の方がお酒のまわりが早かったようです。

元カレの愚痴など、初対面とは思えないようなぶっちゃけトークをどんどん話してくれました。

そんなふうにヒートアップした会話を続けていると、時間が過ぎるのも早いものです。

ふと気づいたら日付が変わるころになっていました。

同じタイミングで相手も時刻に気づいたようなのですが、少し困ったような顔をしていました。

聞けば、「もう終電間に合わないかも」とのこと。

「あ、もうこれはいくしかない」と心に決めました。

お店を出てから肩を抱き、「今日は泊まっていこう」と、道玄坂のホテル街までエスコートしていきました。

デート後のあなたと相手との関係はどうなりましたか?

初めてのデート後も、ほぼ毎日LINEでのやりとりを続けて、月に2〜3回のペースでデートを重ねました。

食事だけでなく、日帰りで遠出をしたり、お互いの家にいったりと密度の濃い時間を過ごして、友達以上の関係を築いていきました。

そして6回目のデートで告白をして、なんとかOKをもらうことができ、めでたく恋人関係になることができました。

時間かかりました。

今回利用したマッチングアプリのメリットやデメリットについて教えてください。

自分は同年代である二十代前半の相手を探していましたが、Pairsはとにかく利用者数が多いため出会えるチャンスがかなり多いように感じました。

また見た目だけでなく、自分の趣味嗜好に合った相手を見つけやすいため、自然とマッチング後のギャップも少なくなります。

それにはPairsのプロフィールが、たくさんの情報を簡単に盛り込める設定になっている点が、大きく役立っています。

簡単な質問に選択肢から答え、好みのコミュニティーに入るだけで、ストレスなく自分という人間を紹介できます。

デメリットをあげるとすれば、利用者数が多いことでチェック対象が多くなってしまい、相手選びに大きく迷いが生じるかもしれないということでしょう。

これも嬉しい悲鳴といった感じですけどね。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

ペアーズは会員数、実績、人気のすべてで、業界トップを独走するマッチングアプリ。

特に遊び相手を探したいという方には大人気。

料金は女性は無料、男性でも長期プランで月額2000円以下と遊びやすいです。

登録するだけなら男性でも無料なので、試しにのぞいみてください。

>> 【登録無料】Pairsのインストール・詳細はこちら

-Pairs(ペアーズ)の体験談

Copyright© マッチングアプリEX , 2020 All Rights Reserved.